2013年10月22日 更新 

2013年10月5日
世田谷区立喜多見小学校

今回は、東京都世田谷区にある喜多見小学校で「にほんのうたキャラバン」を実施しました。あいにくの雨でしたが、たくさんの父兄の方々やそのお子様など様々な世代が足を運んでくれました。

上映会では、「あめふり くまのこ」・「かなりや」・「春の小川」・「この道」を観て頂き、作品が終わる毎に拍手を頂いたのが印象的でした。
また、「春の小川」で登場する小川は喜多見小学校付近にある【野川】がロケ地になっており、子どもたちは「知っている!知っている!」と声を上げながら盛り上がりました。
そして、「この道」では普段は蜂の着ぐるみが登場すると盛り上がるのに対して、踊りに対し反応が大きく、振付を真似る子どもが多かったです。

さらに、スペシャルゲストで「春の小川」の佐藤佐吉監督にお越し頂きました。一緒に作品を観ながら、子ども達の反応を笑顔で眺め、その様子を記念撮影していました。その後、子どもたちから監督への質問コーナーもあり、監督という職業の面白さや大変さを熱心に聞いていました。

ワークショップでは、「あめふり くまのこ」を元気よく合唱し、最後に集合写真を撮りました。

文・構成 澤田友輝

2013年2月1日 更新 

2012年12月30日
八代亜紀 ブラジルで「にほんのうた」を歌う

歌手・八代亜紀さんと共に「にほんのうた」をブラジルはサンパウロとロンディーノの二つ街に届けに行きました。

<番組内容>
『にほんのうた』×八代亜紀ブラジル公演のステージ裏から、旅の行程まで、完全密着。
「雨の慕情」「舟唄」など自身のヒット曲に加え「赤とんぼ」「故郷」など、『にほんのうた』を届けたサンパウロ公演を一挙放送する音楽ドキュメント番組。
28年ぶりに訪れたブラジルの旅で、100年前ブラジルに渡り、ジャングルを切り開いた日系移民たちの想いと、震災で被災した人たちの想いを重ね、日本語の話すことができない5世6世まで、歌い継がれている『にほんのうた』と自身の歌にふれ、「日本の心」を届ける歌手としての責任を深め、ステージに立つ。

にほんのうたの上映会と共に八代亜紀さんによる唱歌・童謡ライブを5000人にとどけました。

<放送日>
2012年12月30日にBS JAPANにて年末特別番組を放送し好評の為
急遽2013年2月10日(日)14:25~再放送が決定いたしました!見逃した方は是非ご覧ください!

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.bs-j.co.jp/official/yashiroaki/

2013年1月29日 更新 

2012年12月4日
東京都大田区立東糀谷小学校
にほんのうた×スポーツのチカラ 第5弾

スポーツのチカラ最終回。あっという間の9週間にわたるプロジェクトでした。最後を飾る小学校は日本の技が詰まった町、大田区にある東糀谷小学校でした。沢山の技術が集結しているといっても過言ではない大田区は沢山の中小サイズの工場が密集していました。私たち実行委員会は準備の為早朝に駅についたのですが、既に町は明るく活気にあふれていました。

そんな町の中で育っているお陰で、児童たちは朝から元気一杯でした。全員で上映会を観賞した後はスポーツのチカラのコーナーでスペシャルゲストには、ロンドンオリンピック銅メダリスト湯元進一さんに来場して頂きました。この日が誕生日ということもあり子ども達と一緒に歌を歌いオリンピックの魅力を語っていただきました。

最後は大きな笑顔を2020年のオリンピックに向けて記念撮影を行いました。
本当におつかれさまでした!

文・構成 堀内祐生

2013年1月29日 更新 

2012年11月5日
埼玉県川口市立本町小学校
にほんのうた×スポーツのチカラ 第4弾

スポーツのチカラとのコラボ企画も残すところ後2つとなりました。そんな第4弾の今回は川口市にある本町小学校にお邪魔しました。この学校は大正時代に生まれ今年で120周年目を迎えました。驚くべきことは歴史だけでなく児童数!実にその数1000人弱。この時代の平均が約300人といわれるなかで3倍以上という驚異的な数。そんな中立て直したばかりの体育館で上映会を行いました。大きな体育館もあっという間に一杯になったのがとても印象的でした。

スペシャルゲストとして、ロンドンオリンピック・レスリング金メダリストの米満達弘さんに来場して頂きました。金メダルを見た児童は大興奮。 また、オリンピックの決勝で金をとった「米満リフト」も披露してもらいました!

最後は、全員で記念撮影で〆ました!皆様ありがとうございました!

文・構成 堀内祐生

2013年1月29日 更新 

2012年10月20日
埼玉県所沢市立三ヶ島小学校
にほんのうた×スポーツのチカラ 第3弾

スポーツのチカラとのコラボ企画第3弾は、所沢市にある小学校。大きな校庭がとても印象的でした。今回は、普段キャラバンしている小学校とは少し異なり週末に行われるPTA主催の学校行事に参加致しました。校内は、屋台や遊び場などが設けられておりお祭りのような雰囲気でした。実はこの学校とてもすごい秘密があったんです!それは、童謡で有名な『青い眼の人形』のオリジナルの一つがここに保管されていたんです!!!しかもパスポート付で!!!戦争当時、だれかが地中に埋めたのが発見されたのです。また、多分埋めた方が一人ではかわいそうに思ったのでしょう日本人形と共に一緒に地中に眠っていました。保存状態もとても良く、見た目にも美しい人形でした。もしかしたら、この人形が私たち実行委員会を招待してくれたのかもしれません。そのお陰もあってか会場も大いにもりあがりました。沢山の保護者も参加して頂き楽しいひと時を共有でました。

またゲストとして、シドニーオリンピック銀メダリストの中村真衣さんに来場していただきました。児童とQandAでは『水泳を早くなるコツは、技術だけじゃない。気持ちも大切だ!』の言葉は、水泳だけに限ったことでは無くすべての物事にも通じるなと強く感じました。

皆さま本当にありがとうございました!

文・構成 堀内祐生

2013年1月29日 更新 

2012年10月5日
岩手県釜石市 スーパーマイヤ釜石店 にほんのうた×美容育

今回は、高級コスメを製造販売するPOLAさんとのコラボレーション企画。先日の福島県に続き、震災被災地のひとつである釜石市。海にとても近く震災前はもっと活気があったんだろうな。と、思ってしまうほど、街は元気を取り戻しつつありました。所々には、まだガレキや更地になっている場所はありましたが街ゆく人たちはどこか元気にあふれているように見えました。今回の企画は、POLAさんが現地で頑張る販売訪問社員であるPOLAレディーと釜石市に住む方々に応援をしたいとうコンセプトで決定いたしました。

当日は、大型テントを組みその中で延べ20名のPOLAレディが来場された方々に無料の美容イベントをおこないました。スキンチェック、パラフィンパック、メイクの仕方など様々な美容クリニックをご婦人かたが無料で楽しんで頂いている間、その家族は大型ビジョンで上映会を楽しんで頂きました。

場所を提供して頂いたマイヤさん、機材を提供して頂いた釜石市さん
本当にありがとうございました!

文・構成 堀内祐生

2012年12月10日 更新 

2012年10月16日
福島県相馬市原釜幼稚園
ベルマーク教育育成団 『教育応援隊第1弾』

先の大震災の傷もまだまだ癒えていない福島件ですが、ここには子どもたちの無邪気な笑顔が
沢山ありました。原釜幼稚園は現園長さんであるお爺さんが創立された私立の幼稚園です。

現在息子さんもご夫婦そろって教員として働いていました。家族で経営しているだけあって、とても温かく且つ目の行き届いた管理がとても印象的でした。そんな幼稚園もすぐとなりは畑が広がっており、震災当日は建物ギリギリまで水が浸水してきたそうです。またその時、近くの工場からは普段見た事もない真っ黒な煙が永遠とも思えるほど出ていてとても恐怖を覚えたとの事でした。

明るい日差しの中で、こどもたちが映像一つ一つに素直に反応を見て心が潤ったのがとても印象に残りました。みなさまこれからもお元気で!

文・構成 堀内祐生

2012年12月10日 更新 

2012年10月5日
東京都国立市立国立第三小学校
にほんのうた×スポーツのチカラ 第2弾

スポーツのチカラとのコラボ企画第2弾は、都内にある学業特区にも指定されている国立市にある小学校。閑静な住宅街に囲まれた学校の近くには、小学校だけでなく様々な大学もキャンパスを構える正に文学の街。じつはこの街は、私たち実行委員会の活動の一番初めを飾った想いで深い場所でもあります。

今回は趣向を少し変えて、小学生にも大人気の芸人『鉄拳』さんをゲストに迎えました。鉄拳さんは、特別にオリジナルネタを披露をして頂き会場は大きな笑い声に包まれました。

最後に、鉄拳さんと全校生徒全員で大合唱をし温かい気持ちのまま無事終了致しました!
みなさん本当にありがとうございました。

文・構成 堀内祐生

2012年12月10日 更新 

2012年10月4日
東京都港区立赤羽小学校
にほんのうた×スポーツのチカラ 第1弾

東京都内の大使館が立ち並ぶ一角にある学校。
決して大きいとは言えませんが、とても趣のある学校でした。今回から、東京都(財団法人スポーツのチカラ)とのコラボレーションで実現した上映会です。本学校を含め5校を10月から12月までの間にキャラバン致します。

テーマは、スポーツ教育とにほんのうたです。にほんのうたを通して、2012年東京オリンピック誘致に向けてオリンピック熱を燃やしていこう!というコンセプトでスタートする本企画。実は1964年東京オリンピック時に大流行した唱歌・童謡をしっていますか?-答えは坂本九さんの「しあわせなら手をたたこう」です。この歌を全員で合唱をしてオリンピックに向けて気運を全員で上げていきました。

また、その気運をより高めるために、ゲストには、アテネオリンピック体操で金メダリストの米田功(よねだ・いさお)さんに来場して頂きました!普段見れない生演技も見せて頂き児童一同大騒ぎでした!本当にありがとうございました!

文・構成 堀内祐生

2012年11月14日 更新 

2012年7月19日
東京都 中央区久松小学校・久松幼稚園でにほんのうた移動上映会を行いました。

今回は幼稚園と小学校が併設されている中央区立久松小学校に行きました。始めに園児・低学年の部を行い、「あめふりくまのこ」を上映するとみんなは歌いながら映像を観ていました。うたのワークショップでは「マイクで歌いたい子!」とMCの中島さんが呼び掛けると必死に手を上げる児童たちでいっぱいでどの子に歌わせようか困っていたほどでした。さらに特別プログラムのダンスワークショップも行い、「この道」の振付をしてくださった香瑠鼓さんに出演していただきました。児童と一緒に「この道」の振付を行い、元気一杯に手を広げてくれたりと楽しんで踊ってくれていました。

高学年の部では「この道」、「青い眼の人形」、「椰子の実」を上映しました。「青い眼の人形」が流れると「これ給食番長だよ!」と友達に話しかける児童がいました。「椰子の実」では真剣な眼差しで観ている児童が多かったです。うたのワークショップは「この道」を歌いました。マイクを向けると恥ずかしそうにしていたので使いませんでしたが、温かい歌声が響き渡りました。次にビューティフルハミングバードによるライブを行い、上映会で流れた「椰子の実」、他「ウメボシジンセイ」、「夏の思い出」の三曲を歌っていただきました。生の歌声、演奏で児童達は聞き入っており、歌が終わると多くの拍手が起きました。

最後に日本記念協会による「発酵の日」認定楯授与式とマルコメによる食育製品贈呈式を行いました。
児童代表の松下君の感想で「糀ジャムはとても健康な物だと聞いているので糀ジャムを食べて暑い夏を乗り切りたいと思います。」という素晴らしい感想を頂きました。

8月5日は『発酵の日』
マルコメは、未来を担う子どもたちを応援しています。「にほんのうたキャラバン」とともに「食育」を推進し、日本の大切な文化を継承しています。

  高学年の部 園児・低学年の部
上映会 1.「この道」
2.「青い眼の人形」
3.「椰子の実」
1.「あめふりくまのこ」
2.「この道」
3.「青い眼の人形」
ワークショップ みんなで歌う
「この道」
みんなで歌う
「あめふりくまのこ」
ビューティフルハミングバード
によるライブ
1.「椰子の実」
2.「ウメボシジンセイ」
3.「夏の思い出」
振付家 香瑠鼓による
ダンスワークショップ
「この道」

文・構成 澤田友輝